めっちゃ簡単!しかも安い!保育園で必要なタオルエプロンを手作り!

スポンサーリンク

保育園準備!
あれもこれもしなきゃ!と思ってしまいますよね。
保育園準備のなかで、縫うことが必要なものは意外と少ないです。
(3歳児だと、色々あるようですが…)

たいていのものは100均で買うだけで十分

保育園入園は決まったけれど、説明会はまだだよという方はこちら↓

保育園入園が決まったら準備するもの&してはいけないこと
保育園の入園が決まった!色々準備したいけど、気ばかり焦る…。とりあえず準備したほうがいいものと、今はしないほうがいいことをご紹介します。

しかし、お食事用スタイは、ちょこっと作る必要があります。
しかも毎日3枚使うので(うちの保育園はそうです)、洗い替えを考えると最低でも9枚必要です。

ということで、食事用スタイを、安く簡単に作る方法のご紹介です。この方法だと、ゴムも含めて1枚53円でできます。

同じものが量産できるので

子どもも保育士さんも

「これはよぱ太君のもの」

と認識しやすいのでおすすめです

※ミシンを持っていることが前提です。手縫いなら、他の方法のほうが良いです。

ちなみに、保育園からの指令と出来上がりはこんな感じです。大きさは保育園によってまちまちかもしれませんので、確認をしてくださいね。


(今サイズを測ってみたら、28cm×28cmくらいでした)

ざっくりした作り方は、こちら。

  • お名前タグを作る
  • バスタオルを6等分する
  • ふちを縫いつつ、お名前タグをつける
  • ゴムを通すところを作る
  • ゴムを切って通す

これだけです。

この食事用スタイ、「タオルエプロン」「おりこうタオル」とも呼ばれるそうですね。

必要なもの(12枚分)

  • バスタオル×2枚
  • お名前タグ用リボン10cm×12枚
  • 髪の毛を結ぶゴム×4m

バスタオル

今回、バスタオルはダイソーで200円のものを買いました。安物で大丈夫です。
むしろ安物のほうが生地が薄いので
・縫うのが楽
・早く乾く
と利点が多いです。
サイズは、60cm×110cmでした。普通のものより少しだけ小さめな感じです。

お名前タグ用リボン

今回はダイソーのこちらを使用しました。

5色入りで、色々と使えます。

髪の毛を結ぶゴム

切っていない、長いタイプのものです。
こんな感じのものです↓

あまり細いタイプだと首に食い込んで痛そうなので、中太くらいです。30~35cmに切って使うので、必要な分だけ買ってください。

私は、1m3本入り100円のものを買いました。

今回の出費は、合計500円でした。
(リボンはすでに持っているものを使用。ゴムも授乳ひもとして使っていたものを解体)

リボンとゴムをもう一本買うとしても合計700円となり、1枚53円でできてしまいます。

お手軽っ!

作り方

お名前タグを作る

最初に、お名前タグを作っておきましょう。

リボンを切る

リボンを切ります。ハンコを使用する場合ハンコの大きさにもよりますが、だいたい10cmくらいです。
縫い代が1cmほどあって、何となく名前のバランスが良く、長すぎない程度で大丈夫です。

これを12本、作っておきます。

リボンに記名する


リボンに名前を書きます。縫うときにごちゃごちゃ考えるのがいやなので、1本のリボンにつき、2ヶ所記名しておきます。そうすれば、左右とか裏表とか、深く考えずに縫うことができます。

ハンコのほうが簡単だし見た目がきれいなのでおすすめです。

もはやハンコ会社の回し者レベルで
ハンコを推しまくっていますが
まじでおすすめです

ハンコの活字が織りなす
美しく統一感のあるお名前タグにうっとり…

もちろん、らくちんっ!

もしテプラを持っているなら、ここぞとばかりに、どっちゃくそ可愛いリボンを作ってください。

保育園の持ち物への記名についてはこちら↓

保育園の持ち物に記名!できればやりたくない作業を効率よくする方法
ずぼらで面倒くさがりな私が、入園準備のうち一番大変な作業である「記名」をした方法をご紹介します。

バスタオルを切る

最初に、バスタオルにタグが付いていた場合、切ってしまってください。

次に、バスタオルを6枚に切り分けます。だいたいでいいので、ざっくりと切ってしまいます。
きもーち、真ん中の布地が大きくとれるくらいのほうが、後々良いです。

この時糸くずが出ますので、この時点でなるべくはたいておいてください。
(最終的に一度洗濯するので、そこで落としきります)

こんな感じで、2種類の布地がとれたかと思います。

Aの方は、短辺の一方を三つ折りにしてフチを片付けてしまいます。

そうすると、全ての布地がBのようになりましたね。
ここで、今度は長辺を片付けます。

お名前タグを縫い込む


長辺のふちを折り込む際に、お名前用のリボンを巻き込みます。

まだ始末をしていない辺は首になりますので、首から遠い場所が良いでしょう。

ゴム通しを作る

全ての長辺を始末したら、次はゴム通しを作ります。

まずは、切りっぱなしのふちを、ジグザグ縫いで押さえてしまいましょう。
押さえなくてもいいといえばいいんですが、ゴムが行き来するたびに、ぽろぽろと糸くずが出るのがいやなので、押さえたほうが良いです。

押さえたら、三つ折りにして、ゴム通しを作ります。
1センチくらいあれば十分でしょう。

ゴムを切って通す

ゴムは30~35cmほどに切ります。
ゴム通しに通して結べば完成!

一気にやってしまえば、そんなにも大変ではありません。
まっすぐ縫うだけなので、ストレス発散にもなります。

使う前に一回洗いましょう。切ったタオルは、糸くずが嫌になるくらいでます。

といってもペラペラの安物なら
そこまで糸くずは出ませんがw

というわけで、今回はこのあたりで。

ズボラ母の保育園準備!おむつはスタンプでポンポンポーン!
保育園で毎日必要なおむつ。その記名って面倒ですよね。そんな面倒なおむつへの記名は、スタンプが解決してくれます!効率のいいおむつ記名をご紹介します。ありがとう、スタンプ!!!
タイトルとURLをコピーしました