キュレーションサイトのライティングをオススメしないたった3つの理由

「パソコンで文章を書くだけ!在宅で簡単にお仕事ができます」みたいな文言を見たことありませんか?
おめでとうございます。キュレーションサイトのライターへのお誘いです。

あれ、あまりお勧めしません
理由は3つあります。

 

私が地獄の一丁目で

泥水をなめながらやっている様子をご紹介します

 

こんな人にオススメ

  • 自宅で仕事をしたい
  • ライターの仕事へのお誘いって詐欺っぽくない?
  • キュレーションサイトってどうも…

※身バレを防ぐために、フェイクを入れています。

私とキュレーションサイト様

そもそも私がこれを書こうと思った理由は、以下のツイートを見たからです。

ぐさりと刺さる書き込みです。
文章ゾンビ。質の悪いキュレーションサイトを、的確に表現しています。

そんな私は現在、キュレーションサイトでちょこちょこライティングをしています。
そしてそれは、現在の私の収入の6割を占めています。

そもそもキュレーションサイトとは

キュレーションサイトの定義は色々あると思いますが、今回はこんな感じに定義させていただきます。

  • 何かのテーマに沿った情報が集まっている
  • ライターがたくさんいる
  • 内容はどこかのサイトのものをリライトしたもの
  • だいたいの始まりが「調べてみました!」「ご紹介します!」
  • だいたいの文末が「~のようです」「~かもしれません」

こんな感じです。

もちろん質のいいキュレーションサイトもあります。

今回私が「キュレーションサイト」と定義しているのは、少しお行儀の悪いタイプのものです。

素人が、他のサイトをリライトし、まとめたサイトという感じです。リライトといえば聞こえはいいですが、「パクリと言われないぎりぎりラインでパクる」という意味です。

キュレーションサイトというのは、広告収入で成り立っています。ですので、Googleの検索の上位に引っかかって、閲覧されてなんぼです。そのために、Google検索の上位に引っかかるように、対策をしています(SEO対策ってやつです)
この対策が、キュレーションサイトをさらにアホらしいものへとしているのです。

どうやったらキュレーションサイトのライターになれる?

在宅ワークをしようとしている人なら聞いたことがあるであろう、「クラウドソーシングサイト」に登録をします。
クラウドワークスランサーズが有名です。ライティングに特化したところだと、サグーワークスもありますね。

登録をしたら、自分の仕事ができるジャンルを、ライティングにします。
単発のライティングの仕事もあるので、ちょこちょこ小銭を稼ぐのもいいです。ライティングの仕事が自分に向いているかどうか分かります。

ただし、単発の仕事は文字単価がとても安い傾向にあります
ライティングの文字単価は、初心者なら1文字1円くらいからが適正価格と言われています。
しかし、ひどいものだと1文字0.1円以下だったりします。それでも最初は練習と割り切ってその案件を引き受けるかは自由です。

そうこうしている間に、個別メッセージが来ます。
「そこのお姉さん、ライティングしてみない?☆」と。

いよいよキュレーションサイトのライターに

私が今まで参加したライティングの仕事は5つです。どれもジャンルは違えどほとんど同じマニュアルだったので、母体は同じかもしれません。

少なくとも私が参加したものは、研修料等でお金を要求するタイプのものではありませんでした
こちらからお金を持ち出すことは一切ありません。
しかし、そういう悪質なものもあるかもしれないので、ご注意ください

私が参加したライティングの方法は、チャットアプリを使ってやり取りをし、Googleのスプレッドシートで記事の受注。
すでに書く内容や文字数、盛り込むべきキーワードの数が決められているので、それにそってライティングをし、納品します。

報酬は、最初にお誘いを受けたクラウドソーシングサービスを通してのやり取りです。
ですので、キュレーションサイト側に自分の本名や住所などが知れてしまうことはないので安心です。




キュレーションサイトのライターという仕事をオススメしない3つの理由

文字単価安すぎ問題

WEBライティングの適正価格として、1文字1円からというのが一般的です。
私が属しているキュレーションサイトの報酬は、1文字0.2~0.3円。悲しいほど安いです。

しかし、クラウドソーシングサイトの単発ライティングはもっと安い傾向にあるので、それよりはましです。

ただ、「画像」の挿入を一定数以上しなくてはならないのですが、これを自力で探してこなくてはなりません。
よくキュレーションサイトにある↓こういう画像です。

私はこの作業がとても苦手です。どうも、マッチする画像を探す才能がゼロのようです。

この画像を探す時間も含めてしまうと、一つの記事を作るのに、結構時間がかかります。

時給換算は、怖くてしたことがありませんw

ただ、書けば確実にお金になるというのはありがたいものですので、続けています。

Google対策しすぎて文章が破綻する問題

冒頭に紹介した「文章ゾンビ」を生み出す原因です。

Google検索とキーワードについて

さて、そもそも検索結果はどういう基準で順位が決まっているのでしょう。
自分がHPやブログを作る側になったことがある人なら、何となく知っているかと思います。

しかしその経験がない人は、そのことすら考えたことがない人もいるのではないでしょうか。
私の夫がそうです。

検索結果の順位の基準のひとつとして、「文章内にその検索キーワードが多く入っている」というものが挙げられます。

ダイソーのコスメが知りたくて「ダイソー コスメ」と打ち込んだのに、シャネルのコスメを紹介するサイトや、ダイソーの工具を比較したサイトが検索結果にうじゃうじゃ現れたら、調べたいことが見つかりませんよね。

そうしたら、Googleの検索は使えない!となってしまいますよね。
Googleさんも嫌われないために、「ダイソー コスメ」と打ち込んだ人には、ダイソーのコスメについて説明しているサイトを、検索者に紹介します。
Googleさんといっても、検索結果を表示しているのは人間ではなくコンピューターです。
コンピューターはどのようにして、検索者にベストだと思われるサイトを表示しているのでしょうか。

それは簡単です。「ダイソー」や「コスメ」という文言が、文章内にたくさん盛り込まれているサイトならきっと、ダイソーのコスメについて詳しく説明しているに違いない、と思うわけです。

しかもその記事の文章量が多ければ、きっと詳しく説明しているとGoogleさんは思います。

なので、Google検索に引っかかりたいキュレーションサイトさんは、なるべく文章を冗長に、そしてキーワードをこれでもかと盛り込むのです。長いだけで内容のない、文章ゾンビの完成です。
(もちろん、ほかにもたくさんの基準がありますがあくまで一例です)



キュレーションサイトはGoogleに好かれたい

こういう仕組みがあるので、キュレーションサイトは、検索キーワードを文章内にたくさん盛り込み、Googleさんに好かれようとしているのです。

その結果、少しあり得ないくらいのキーワードを盛り込まなくてはいけないことになってしまいます。
私が最近担当した文章は、3000文字の中に、第1キーワードを80個、第2キーワードを20個盛り込まなくてはなりませんでした。

約37文字に1回の割合で、キーワードを入れるのです。
すると文章は、もうめちゃくちゃです。

この基準で書くと、どんな文章が出来上がるでしょうか。

例えば

全文字数 3000文字
第1キーワード 「ミシン」80個
第2キーワード 「上糸」20個
第3キーワード 「違い」10個

だった場合、実際の文章はこんな感じです。

タイトルミシンに、上糸と下糸がある!?その違いを徹底解説」

そもそもミシンとは、上糸と下糸を使って、機械が自動的に縫ってくれるとても便利なものです。でもそのミシンの糸、二種類あるってご存じでしたか?

今回はそのミシンとの上糸と下糸の違いについて調べてみました!
上糸は、ミシンの上から出ている糸なので、そう呼ばれます。ちなみに下糸は、ミシンの下から出ている糸です。
この、ミシンから出ている二種類の糸、実は同じものでもいいんです!

ミシンの糸について具体的に解説いたします。
ミシンの上糸は上から出ているので上糸というわけですので、ミシンの糸を売っている手芸用品店へ行っても「上糸」としては売っていません。

この文章で

全文字数 296文字
「ミシン」10個
「上糸」7個
「違い」2個

となります。このペースで息切れせずにあとの9割を書き上げれば、何とか条件を満たせそうです。
しかし大変です。最初の説明文だからこそ違和感なく連呼できていますが、後半はかなり息切れをします。

 

いや、違和感めっちゃあるけど…

ゲシュタルト崩壊寸前だよ!

こんなくそみたいな文章を生み出していたら、心が壊れます。
(このミシンの記事はふざけて書いているので、めっちゃ楽しいですがw)

今まで生み出した中で、一番最低な文章がこちら↓

iPhone8を使用している場合、iPhone8の再起動を試す価値はあります。iPhone8を再起動させるだけと思われるかもしれませんが、意外とiPhone8を再起動するだけで、iPhone8の症状が改善することがあります。iPhone8の再起動も試してみましょう。

※iPhone8を、この文章中に6回使用する必要がありました。再起動という言葉も必要でした。フェイク入っていますので、この文章をググっても何も出てきませんよー(もし出てきても、それは絶対に私が書いたものではありません)

どうですか?この内容のなさ!
字数だけ稼いでいる感じ。最低です。

こうして、文章ゾンビが生み出され、ネットの海へと放流されるのです。

倫理的にどうなの問題

オススメしない理由の中でも、一番大きな理由です。

私は、自分の倫理に反するものは書きません。しかし、同じ集団の人すべてがそうとは限りません。
顔も名前も知りませんが、自分が属する集団の倫理があまりに自分の基準を超えていると、気分が悪いものです。

チェック体制の甘さ

自分がやっているサイトで他のライターさんが書いたものを見ると、おかしな記事を見つけてしまうことがあります。

  • 内容が間違っている
  • 文章があまりに破綻している
  • 結局なんの解決にもなっていない

ライターさんにも責任がありますが、この場合、チェック体制の甘さのほうが問題です。

ライターは、数人のライターをまとめているマネージャーに納品をし、チェックを受けます。

チェック内容は色々ありますが、基本的にはキーワードの数改行のタイミング画像の数と挿入場所です。

ミスタイプに気付かずに納品をしてしまったことがありますが、その指摘は受けませんでした。
(あとでこっそり訂正しましたw)

チェックする側も、文章なんざ読んでいないんです。いや、読んでいるのかもしれませんが、どうでもいいのでしょう。
とにかくキーワードをきっちり入れて、Google検索の上位に食い込めば、それで良いのですから。

それを素人に書かせるってどうなの?

胸糞悪い思いをし、さすがにこの仕事は辞めようかと思ったきっかけがあります。

私はあるサイトで、美容系の記事を書いていました。

ふと、記事受注のスプレッドシートのなかで、見たことのないシートを見つけました。
恐らく姉妹サイトのシートです。
パッと見て、ビックリしてしまいました。

ジャンルは妊活と妊娠、出産。
シートを見る限り、専門家ではなく素人に書かせているようです。

タイトル「人工授精の成功率は?確率を上げる方法があるって本当?」
キーワード「妊娠」50個 「人工授精」20個 「確率」10個
参考サイト 競合キュレーションサイトのURL

こんな感じです(もちろんフェイク入っていますよー!)
ぞっとしました。
とてもセンシティブな内容に、ザクっと土足で切り込んでいくその気概に。

悩みが深ければ深いほど人には言いづらく、そして人に言いづらいことはネットで検索してしまいます。

書いている人は、専門家でもなんでもありません
私のようなアラフォー主婦が育児の合間に書いているのかもしれないし、卒論も終わって暇な大学生がアルバイト感覚でやっているのかもしれません。

怖さを感じたし、嫌悪感を抱いたので、そこの記事を書くのはやめました。




キュレーションサイトのライティングをオススメする3つの理由

それでも私は、続けています。
有り余る欠点を持ち合わせているキュレーションサイトでのライティングですが、良いところもあるのです。

お金が手に入る

安いとはいえ、自宅から一歩も出ずにお金を手にできるのはありがたいものです。

特に子供がいると、そのありがたさを強く思います。

お金、大事!

ライティングの勉強になる

たくさんの制約がある中でのライティングは、こういう自由なブログとは違う困難さがあります。
自分のためではなく人のために文章を書く経験というのは、私の中で糧になっています(と信じていますw)

自分の実績になる

自分の力でお金を手にしたということは、自分の実績です。

たとえゾンビ文章でもっ

実績は自信になります。
また、クラウドソーシングサイトや保育園に「WEBライターをしています」と言うことができます。
(図々しく言っちゃっていますw)

何度も言っている通りオススメはしませんが、それでもやりたい方は、クラウドソーシングサイトに登録してみてください。
クラウドワークス

ランサーズ

私はプロフィールに「ライティングできます」と書いて、単発のライティングをちょこちょこしていたら、スカウトメールが来ました。
恐らく、絨毯爆撃的にスカウトをしていると考えられます。
ですので、興味のある方はやってみるのもいいと思います。

時間と精神を削られますので、そこだけは覚悟してくださいねw

そして私はブログを開設した

私はとても真面目な性分のようです。
読んだ人を不快にしたくありません。自分の記事を読んで疑問や不安が解消されるといいなと願っています。そんなことを思いながら、キツイ制約の中でも真摯に書いています。
間違ったことを書かないように、自分の知識のみで書ける案件しか選んでいません(答え合わせのためにググりますが)

私は日本語が大好きです。文章が、小説が、活字が大好きです。
キーワードを不自然なくらいに盛り込んだ文章を書いていると、脳がとろけてきます。

キツイ制約と、その中でも変な日本語を作り出したくないという思い。
その中でもがくのが嫌になって、自由気ままに書けるブログを開設しました。
自分のブログは最高です。
キーワードを盛り込まなくてもいいし、無料画像サイトから外人モデルさんを引っ張ってこなくていいのですから。

\イエーイ/

こんなよっぱですが、ライティングのお仕事募集中です!
得意分野は、主婦系全般、料理、お酒、PCやネット、ハンドメイド、漫画、ゲームです。金融系、サプリ系、投資系は基礎知識がないので書けません。

もしお仕事をくださる方がいましたら、Twitter内のDMか、こちらのメールフォームまでお願いします。