【静岡】台風24号で停電!何も準備していなかった私の反省会

スポンサーリンク

台風24号が、私の住む静岡を通り過ぎていきました。
赤ちゃんがいるにも関わらず、見通しが大甘だった私の反省をしていきます。

台風が来ているぞ

台風ね、はいはい、またですか。
そのくらいの認識でした。
私はマンションに住んでいて、住まいは4階。浸水被害とは無縁。周りに山はないから、土砂崩れの心配もない。
なので、悠長に構えていました。
ハッキリ言って、何も準備をしていませんでした。
避難準備勧告もありましたが、この堅牢なマンションに居続けたほうが安全と判断し、自宅待機でした。

夜中に強く吹く風

22時くらいから風が強くなってきました。
息子はすでに寝ていて、窓がガタガタ鳴っているにも関わらず、起きる気配はありません。
息子が怖がってしまうことだけが心配だったので、夫婦で風すごいねーなんて言いながら、のんきにテレビを見ていました。
あまりに風が強いので、ちょっと外へ行って、その風を体験したりしていました。

あほだね

停電

23時頃、停電。
突然真っ暗になり、テレビもぷっつりと切れました。
外を見ると、信号が消え、コンビニの看板も消灯しています。
まあ今どきの停電ってね、割とすぐに復旧するよねーと言いながら、非日常に少しそわそわ。
懐中電灯の類は持っていないので、スマホの灯りを頼りにしました。
30分ほど経っても復旧しません。
テレビもないので特にすることもなく、寝床に入りました。
まあ、朝になったら復旧しているでしょ、と思いながらダラダラTwitterを見つつ、就寝しました。

朝が来た!電気は来た?

目覚ましで起床。
しかし、電気はまだ来ていない様子。
ここでやっと、私は

これはまずいんじゃないか…

と思い始めました。

とりあえずいつ復旧するんだろうと思い、情報が欲しくて、テレビのリモコンをポチ。
あ、テレビ使えないんだった…。

息子のご飯の準備をしなくてはなりません。
いつもは、冷凍してある離乳食のストックを、電子レンジで解凍していました。
それができないので、お鍋で温めました。
冷蔵庫ももちろん電源がないので、庫内の温度をなるべく上げないように、手早く開け閉めをしました。

離乳食をあげ終わって、そろそろ「みいつけた」の時間だから、テレビを…。
あ、テレビ使えないんだった。

そうだ、洗濯をしなきゃ。
あ、電気が…。

そういえば今日から、朝ドラが新しくなるんだった!第一話を見逃したくないよ!
あ、テレビ使えないんだった…。

じゃあ、録画しなきゃ!
だから、テレビ…。

テレビがつかないと暇だなあ。ブログでも書くか。
あ、パソコンもネットも使えない…。

そろそろ、あほだね

自分がどれだけ電気の力に頼っていたのか、実感する瞬間です。

この停電いつまで続く?

この停電がいつまで続くのか。それが一番心配でした。
特に、今日の昼間には解消するのか、夜にかかってしまうのか。
はたまた数日続くのか。
そこが一番気になるところです。

息子のご飯は、お鍋で作れば大丈夫。でも冷凍庫の温度がデッドラインを超えるのも時間の問題。
それ以降は、レトルトのストック(と言っても2食分しかない)を使用。
母乳が出れば安心だけど、数日前に断乳に成功したばかり。もしかしたら吸えばまた生産されるかもしれないけれど、これは最終手段。

大人はまあ、2日くらい食べなくてもなんとかなるし、どうでもいい。大人のご飯は手に入りやすいし。

洗濯は?手でやる?
明日復旧するなら、そこまでする必要はないな。

夜が来たらどうする?懐中電灯もないよ。
スマホの灯りも限界がある。第一、充電が持つか心配。
連絡手段と情報収集手段としてとっておきたい。

水やガスは今使えているけれど、これもどうなるの?

電気はいつ復旧するの?

情報がほしい!

とにかく思ったのが、情報がほしいということでした。
テレビがつかないので、情報が来ません。
ラジオは持っていません。
スマホで「静岡 停電」で調べても、広い範囲で停電しているという情報は得られましたが、復旧のめどまでは分かりませんでした。
Twitterでも検索しましたが、ほとんど情報は得られませんでした。

停電が夜まで続いたらどうしよう。数日続いたら?1ヵ月続いたら?

自分の見通しの甘さ

0歳の赤ちゃんがいるのに。大切で守らなくてはいけないものがいるのに。
なんで、何も準備がないの?

ご飯は?灯りは?情報は?

レトルトあるからいいやーって。
灯りや情報は、スマホがあるじゃんって。
そう思っていました。

いざとなったら、それらだけでは何にもならないじゃん!

数日くらい自宅に籠城になっても、何とかなるっしょーと思っていました。
その見通しの甘さを、この停電でやっと実感しました。

災害に備えて

私のように、見通し甘々な人はほかにもいると思います。
そして、私のように、使うかどうかわからないものを買うことに抵抗がある、ドケチ人間もいると思います。
実際に停電を経験したのは12時間。しかしそのうち7時間くらいは寝ていたので、実際に体験した停電は数時間。
その停電の中で、最低限の最低限、これだけは準備しておけ!!というものがあります。
本当に最低限です。これだけ買っただけでは、全然ダメ。でも、ないよりはあったほうがいい!
もう一つ台風が来ているようですし、私もすぐ買います!

灯り

灯りがあるかないか。
全然違います。部屋を暗くしたことはあると思いますが、外からの街灯などでそれなりに明るく、完全な暗闇を経験することってなかなかないかと思います。
停電時は、街灯も消えますので、完全な暗闇です。
目が慣れたって、何も見えません。

こんな感じのが良さそうです。
とりあえずなので、安いものでも大丈夫かなと。
そして、2つ以上あったほうがいいです。
1つだと、誰かがトイレに行く間、リビングは真っ暗になってしまいます。

ラジオ

情報は大切!
あと、テレビがないと、思いのほかシーンとしてしまいます。
日常でここまで静かなことってないから、それだけで不安な気持ちになってしまいます。

こんな感じの、手回しラジオは便利そうだなと思います。
携帯も充電できるそうで。びっくりです。
よっぱはこれを買います。

モバイルバッテリー

とにかく大切!スマホ!!
情報収集もできて、連絡をすることができて、簡単な灯りにも使えて、娯楽にもなる。
もう、私たちの生活には切っても切り離せない存在。
しかし電池がなければただの板。

モバイルバッテリーは、我が家には一つだけありますが、数年前に買ったものです。
その頃は「大容量!スマホ4回分フル充電!」なんていう謳い文句でした。
しかし今はスマホのバッテリー容量も増え、モバイルバッテリー自体の力も弱まったのか、1回充電でへろへろになっています。

こんな感じで、容量が大きく、複数のスマホを一度に充電できるのはいいですね。
うちの一つしかないモバイルバッテリーは、出先で夫と取り合いになることがありますw

とにかく備えは大切!マジで!!

この3つを備えても、私の備えはまだまだ甘いのだと思います。
それでも最低限、そろえておこうかと思います。
そんなに高くないし!(大切)
灯りは、キャンプや花火などアウトドアにも使えるし!
モバイルバッテリーは普通に使うし!

台風一過の静岡。
富士山がいつもよりくっきりと見えました。

どうでもいいですが、この写真の富士山の右の峰。ちょこっと出ていますね。宝永山です。
静岡市の子供たちに富士山を描かせると、必ずこの宝永山を律義に書くとか。

本当にどうでもいいね!

おしまい!